Airline Design
Product Strategy and Design
SQ_ToyotaBus.png

Toyota Next

日本向けの新しい車のデザインを模索していたトヨタに向けて、わたしたちは自動運転バスを提案しました。高齢化が進む日本の暮らしを豊かにするために必要なサービス構造を考案しました。

新しい自動運転バスが内包するのは、人々が互いに関わり合い、そして、より自由な移動を可能にするサービス構造です。それは、家族をつなぎ、健康管理施設などを含む街の施設をより身近なものへと導きます。これにより、従来の特定の目的地にしか足を運ぶことのなかった高齢者の選択肢が増え、社会とのつながりを持つきっかけが増えるでしょう。

1000*2000_Toyota.png
乗り物とサービスの共同

乗り物とサービスの共同

自動操縦バスが提供するシステムの1つにシルバー・カートがあります。シルバー・カートは、日本社会のなかでひとりひとりが自立した生活を送れるようにサポートします。

スマート・シルバー・カートが創る高齢者の自立した生活

スマート・シルバー・カートが創る高齢者の自立した生活

主に高齢者に向けてデザインされたシルバー・カートは、自動操縦機能と音声アシスタント技術と連動することで、高齢者ひとりひとりの生活に適したヘルパーとして活躍します。

移動式コミュニティセンター

移動式コミュニティセンター

わたしたちがデザインした乗物は、利用者に活気をもたらすと共に、これまでになかった親しみのある乗り物、そこから得られる体験を提供します。